読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画面のこちら側

取り敢えず色々手を出してみる

艦これアニメ感想

艦これアニメも終わったので、感想みたいなものをつらつらと書いていこうかな、と。

各話ごとのなんとやら

取り敢えず各話ごとに、当時の自分のtweetと共に感想でも書いていきます。ハッシュタグ付けてると、こういうことも出来て便利ですね。

#1 初めまして!司令官

1話はこれに付きますね。「艦これは授業参観。デレマスは株主総会」とか何とか言われてましたが、御多分にもれずぼくも授業参観状態でした。

#2 悖らず、恥じず、憾まず!

 残念なことに、何も覚えてなかったです。^^; tweet見る限りだと、足柄さんの飢えた狼ネタがあった回だったか、と。ゲーム科白以外に2次創作(というか、ネットネタ?)をぶっこんでいくことがここらで明確になりました。

#3 W島攻略作戦!

一番最初に ネットが大荒れした回でしたね()。一応戦争ものなんだから、轟沈は避けて通れないと思っていたので、別に驚きはしなかったんですが……。とは言え、ちょっと雑かなーとは思いました。

#4 私たちの出番ネ!Follow me!

 ゲーム科白を使うのは良いと思うんですけど、闇雲に使えば良いってわけじゃないでしょ……。

#5 五航戦の子なんかと一緒にしないで!

ありがとう瑞加賀な回だったと思うですけど、感想っていう感想をtweetをしていませんでした。リアタイで観ていたんですけどね。ここら辺からギャグアニメ感が強くなってきた印象があります。

#6 第六駆逐隊、カレー洋作戦!

 「ぼくらが求めていたもの」とか言われていた回です。tweetから察するに、大井のbotがどうのと騒がれていた時期だと思います。アホかって感じですが。

#7 一航戦なんて、大ッッキライ!

 そんなことはありませんでしたね。主人公さんの有能さというより、他の娘の無能さが目立ち始めてきた回でもあったと思います。

#8 ホテルじゃありませんっ!

 謎の水着回でした。体調が悪かったんで、実況をしてなかったので、取り立てて纏めることもありません。

#9 改二っぽい?!

 この回も体調が悪くてリアタイで観てないので、大したtweetがありませんでした。

#10 頑張っていきましょー!

 帰省してたため、これまたリアタイで観てないので、実況tweetがないですね。こうなってくると、過去tweetを取り上げる意味があるか分からなくなってきますね。主人公さんが空回りして、夢で見たとかいう衝撃的な贔屓理由が明らかになった回でした。

#11 MI作戦!発動!

 前世の記憶というより、ループものでも見せられているようなアバンがあった回でした。むっちゃんがながもんさんを抱いてたけど、ながもんさんの頭のやつ邪魔じゃなかったのかな?

#12 敵機直上、急降下!

 最終回だから(制作側が)好き勝手やらせて貰ったっていう感じの回でした。アニメの世界では二人で弓撃つの流行ってるんですかね? 前に五航戦もやってましたよね。後半、正規空母の皆さんがずばずば艦載機飛ばしてましたけど、蒼龍さんって飛ばしてました?

 

取り敢えず、各話の感想はこんな感じです。

叩かれまくったアニメスタッフ

結果的にアニメスタッフは叩かれることになってしまいました。好みなんて人それぞれなので、叩かれるのはある程度は仕方がないとは思いますが、艦これアニメは度が過ぎた叩かれたでした。

ぼくはアニメスタッフは板挟みなのかと感じました。艦これアニメを観る限り、艦これ運営側から何らかの要望があったことは確かだと思います。要望という強いものではなかったかもしれませんが。アニメスタッフ側も運営側の希望を叶えようとしながらも、提督(プレイヤー)の期待にも応えようとしていたように思えます。

人の好みは様々です。250万もいるらしい提督全ての希望するアニメの制作は不可能でしょう。それでもなるだけ叶えようとした結果、ああなってしまったように思えます。シリアスものにするのか、日常ものにするのか。艦これアニメはどっちつかずでした。このようになったのも、こういうところが原因なのかなと思います。

アニメスタッフ側が視聴者に対して神経質になる必要はないと思います。視聴者の顔色を伺ったところで、面白いものは作れないでしょう。そんなことをしなくても面白いと思ってくれる人は勝手についてきます。制作側が視聴者像を細かくしてしまうと、面白いものは作れないと思います。これはアニメに限ったことではないでしょう。読者像、視聴者像がふわっとしていた方が面白いものを作れるとぼくは思っています。シャープにすればするほど、雁字搦めになってしまい、結局つまらないものが出来上がると思います。

最後に

色々言いましたが、ぼくは艦これアニメを楽しんで観ていました。花田先生や草川先生にはありがとうと言いたいです。まぁ、書きたいことはまだあるんですけど、わざわざ火に飛び込む必要もありませんからね。

 過去記事

今回のよりは纏まってる気がします。

 

jkflipflopuding.hatenablog.jp

 

 

jkflipflopuding.hatenablog.jp