読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画面のこちら側

取り敢えず色々手を出してみる

「艦これ」アニメ 3話時点でのなんとやら

はてなブログを始めてみたし、試しに何か書いてみようということで、今話題の「艦これ」アニメについて、3話放映時点での感想みたいなものをつらつら書いていく。お試しの投稿だからと適当に書いたので、目くじらを立てずに軽く流して欲しい。

GFアニメみたいな1話

1話を観た時に真っ先に思ったのが、「あっ、これGFアニメ1話だ」であった。どちらのアニメも1話は、所謂キャラ紹介回だった。

GF1話は、椎名心実がクロエ・ルメールの忘れ物を届けるという話である。劇中、彼女は中々クロエ・ルメールを見つけることが出来ず、校内を右往左往することになり、その中途で多くの生徒に会うという体で、キャラ紹介をしていた。はっきり言ってしまえば、かなり不自然であった。忘れ物を直接クロエ・ルメール本人に届けなければならない理由が描かれていなかったからだ。忘れ物を届けるならば、クロエ・ルメールの担任やクラスメートに頼めば済む話である。だが実際には、彼女はそうはしなかった。そうしなかった理由が何らかの形で提示されなければ、演出の都合という印象が強くなってしまう。それは興醒めであろう。

対する艦これ1話は、特型駆逐艦1番艦吹雪の第3水雷戦隊への配属、そして初出撃が描かれた。こちらはキャラ紹介だけでなく、吹雪の目を通して世界観の紹介もなされた。こちらは椎名心実とは違い、行動自体には不自然さを感じなかった。不自然に感じたのは艦娘の登場の仕方だ。

これはキャラ紹介を世界観の紹介と同時並行で行ったことに原因があると思っている。鎮守府にはこういう設備があり、そこではこのようなことをしてますよ。この世界には深海棲艦という敵がいますよ。艦これ1話ではそういった説明の中に、艦娘を写り込ませることで、キャラ紹介をしているのだ。更に艦これアニメは、艦娘の登場数もかなりのものであった。そのため、情報量も自然と多くなる。だが、アニメ1話はたった30分しかない。そこに収めなくてはならないので、場面はころころと変わり、艦娘はわーっと出てすぱっと消える。これではどんな艦娘がでるかも分からないし、どんな娘かも分からない。

運営側からの要望なのか、アニメスタッフのアイディアかは分からないが、艦娘達はゲームの科白を喋っていた。これ自体は別に悪くないと思う。少ない情報量でキャラを立てることができるからだ。ただ、1話のように艦娘がすぱすぱ消えていく中でのあれは、雑な印象を与えてしまう。世界観紹介の中に、艦娘をこれでもかとぶち込み、それでは薄いから取り敢えずゲームの科白を喋らせた。私が捻くれているだけかもしれないが、こんな風に感じたのだ。

上手く書けたかどうか怪しいので改めて書くと、GFアニメ1話と艦これアニメ1話ともキャラが不自然に登場し、その数もとても多かった。だから、最初に書いたような印象をうけたのだ。

「艦隊戦」という足枷

 艦これアニメには多くの艦娘が登場する。それも1クールでは捌けないのではと思う程にだ。GFアニメも多くのキャラが登場した。1話でも十分多かったのに、2話でも新キャラが登場したのだから、恐ろしい程の登場人物数だ。だが終わってみれば、1クール内で上手く捌いていたと思う。これはキャラを一人ひとりだすのではなく、グループ単位で出していたからだ。

だが、艦これはそうはいかない。こと戦闘において、水雷戦隊だけでとはいかなからだ。深海棲艦との戦闘は、あくまでも艦隊戦だ。戦闘シーンを描くとなれば、一つの戦隊だけでなく、他の戦隊も出さなければならない。そうなれば、登場艦娘は自然と多くなり、主人公格でない艦娘の出番を削らざるを得なくなる。出番を削られた艦娘は薄くなってしまうので、ゲームの科白を喋らせることになる。それは演出の都合という印象を強くするのではないか。

騒ぎになった轟沈について

 艦これ3話において、吹雪型駆逐艦2番艦如月が轟沈した。これに対し、Twitterでは騒ぎになり、一部のユーザーが公式アカウントに凸するという事態までになった。如月轟沈に関して言えば、特に驚きはしなかった。アニメで深海棲艦との戦闘を描く以上、轟沈を避けて通ることはできないからだ。だが、あまりにも雑だったと思う。史実通りと言えば聞こえは良いが、尺の都合でという感じが強かった。

ただ、如月の轟沈に対して文句を言っているのは筋違いであろう。アニメはあくまでもフィクションだ。提督にとっての現実はあくまでも〝ゲーム〟だろう。アニメで描かれる鎮守府は、私たちの鎮守府ではない。私たちの鎮守府はゲーム内にあるのだろう?

最後に

だらだかいてきたが、まだ3話だ。評価するには時間が早過ぎる。ここに書いてあるのは、あくまでも3話での感想であるし、私自身艦これアニメは毎週楽しく観ている。

最初にも書いたが、これはお試しの投稿だからと適当に書いたので、目くじらを立てずに軽く流して欲しい。正直、最後の方は疲れたので、凄く適当に書いた。自分でも読み返すと頭を抱えたくなるほどだ。それでも、最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございました。